忘年会の景品

 

社内で開催される忘年会ではビンゴゲームなどのイベントが付き物ですが、こうした忘年会のイベントでは景品としてギフト券や旅行券が用意されるケースがよく見られます。

1年の締めくくりに忘年会で素敵な景品を
こうした忘年会のイベントの景品は税法上は「一時所得」と呼ばれる課税所得の区分の一つに分類されており、その金銭的価値が一定の上限を超えているような場合については所得税の課税対象として扱われます。
一時所得は税法上では継続して行われる営利目的の行為から生じた所得を除いた一時的な所得のうち、労務などの役務や資産の譲渡の対価としての性質を有しないものと定義されており、懸賞や福引の賞品や競馬などの払戻金、生命保険の一時金などもこれに該当します。
ただし一時所得については最大で年間50万円の特別控除が認められているため、この上限を超えない部分については所得税の課税対象とはなりません。
なんていう難しいことを景品を購入する際に考える人はいないかもしれません。
でもちょっと豆知識として。
宴会のネタになるかもしれません。

last updated :